プロミスの借入れは便利なネットキャッシングがオススメ

★概要

 

プロミスではネットキャッシングがお勧めです。ネット申込みをする事によって指定の口座へ振込みをして貰える借入れ方法です。その際に三井住友銀行(SMBC)やジャパンネット銀行で口座を持っているとほぼ24時間即時振込みが可能になります。それ以外の銀行への振込みには平日の午後2時50分までの振込み申込みが必要です。のローン契約機でも契約できます。
新規契約の場合で振込みキャッシングを希望するならば、午後2時までに契約が完了している事が即日での振込みキャッシングの条件となります。

 

プロミスを利用するにはネット利用が便利です。借入れの方法ではネットキャッシングやカードを利用したATMキャッシングが可能です。即日融資も可能なので今日突然お金を借りたいと思い立った時でも対応してくれます。そして返済をする時にもネットバンキングと口座振替があります。

 

 

【ネットキャッシングの利用方法】

 

プロミスのネットキャッシングでは、初めに契約をする必要があります。契約が済めば借入限度額の範囲内で自由に借入れをする事ができます。ネットキャッシングをしたい場合には、契約完了後にカードが手元に届いたら会員ページに入る事ができますので、そこでネットキャッシングの申込みができるようになります。

 

ネットキャッシングの方法は、まずは会員ページにログインをする事から始まります。ログインにはカード番号と暗証番号が必要になります。

 

ログイン後にキャッシングの項目から振込みキャッシングの予約申込みフォームへ進みます。フォームには後どの位の金額が利用可能かを知らせる「利用可能額」の金額を確認します。利用可能額の範囲内で必要となる金額を入力するだけで、手続きは完了します。申込み時間が午後2時50分までならば、即時振込がされます。また申込み時間が深夜であっても土日であっても、三井住友銀行やジャパンネット銀行に口座があれば365日24時間即時振込みされますので便利です。

 

 

【ネットキャッシングでプロミスから振込み可能な時間】

 

 

どんな時間帯でもプロミスに即時振込みして貰うには、三井住友銀行とジャパンネット銀行で口座を作っておくと便利です。それ以外の銀行の利用には時間の制約がありますので、申込み時間には気を付ける必要があります。

 

 

〈三井住友銀行へ振込みされる場合〉

 

振込みの受付は24時間可能になっています。振込みの実施時間は10秒という瞬振りと言える早さです。ただし、毎週日曜日21時〜翌月曜日7時までは振込は一時停止します。また元日も終日で振込みは停止をしますので、注意が必要です。

 

 

〈ジャパンネット銀行へ振込みされる場合〉

 

こちらでも振込み受付は24時間であり、瞬振りが可能ですが、毎週月曜日の午前12時〜7時、毎月第3金曜日午後10時50分〜翌土曜日7時、そして元日も終日で振込みは停止します。

 

 

〈それ以外の銀行へ振込みされる場合〉

 

それ以外の銀行への振込みであっても平日ならば、午前9時から午後2時50分までの振込み申込みなら、瞬時に振込みがされます。この時間を過ぎてしまうと、それ以降は終日の受付けで翌営業日の午前9時30分頃となります。

 

当日午前12時から9時前までは当日の朝9時30分頃までに振込みされます。
また土日や祝日では、何時に申込みをした場合でも振込みが実施されるのは翌営業日の午前9時30分頃となります。

 

振込みによるキャッシングを希望するには、上記の通りとなりますが、カードを利用してATMを利用すればいつでも都合の良い時にキャッシングが可能になります。セブン銀行などコンビニのATMでも利用が可能になるので便利です。

 

 

【プロミスは土日や夜間の借入れにも対応してくれる】

 

夜間や土日の契約の申込みはネット申込みをする事で何時でも受付け可能となっています。審査は午後9時まで行われていますが、その後の申込みは翌営業日以降の審査となります。

 

土日でも午後9時までは審査が行われますが、審査の時に必要になるのは在籍確認です。土日に会社が休みとなっている場合には、在籍確認が難しくなり審査が翌営業日になります。それでもプロミスならば在籍確認は電話で無くても会社発行の健康保険証や直近の給与明細の提出で電話連絡の代わりとなります。

 

更に三井住友銀行とジャパンネット銀行で口座を持っていれば、土日でも振込みキャッシングが可能になります。勿論、自動契約機での契約も書類による在籍確認が取れれば、午後9時まではカード発行が可能になります。尚自動契約機はプロミスだけでなく、三井住友銀行(SMBC)のローン契約機に行っても契約が可能になっています。