キャッシングは上限いくらまで借りれるの?

 

お金を即日で借りる場合などキャッシング会社でお金を借りるのに、いくらまで借りられるかは決まっています。
会社によって借入可能額には違いがあり、借入可能額の範囲内で自分の借入額が決まります。
自分に必要なのはいくらで、どの会社で契約すればいいのでしょう。

 

大手消費者金融の借入可能額は以下のとおりです。

 

アコム・・・500万円
プロミス・・・500万円
モビット・・・500万円
アイフル・・・300万円
ノーローン・・・300万円

 

大手5社だけですが、500万円か300万円になっています。
もし1社だけで上限の500万円借りられたとしたら、2社目も申し込んで借りられれば1000万円になります。

 

1社で必要な金額が借りられなければ、複数の業者に申し込んで、必要な金額にしなくてはなりません。

 

1000万円といえばすごい金額の借金だと思ってしまいますが、住宅ローンで3000万円くらいの借金を抱えることを思えば、収入によっては返済可能なんですね。

 

【契約はじめてさんは借入限度額50万円以下】

 

先に紹介した金額は、個人で借り入れ可能な上限の金額であって、最初から500万円貸してもらえるわけではありません。

 

消費者金融で契約すると、審査によって借入限度額が決定され、その金額の範囲内で、1回で全部借りることも、何回かにわけてちょこちょこ借りることもできます。

 

それで肝心のはじめてさんの場合、借入限度額は初めは50万円以下になるのが一般的です。

 

もちろんその人の条件によって違い、安定した収入でないと判断されたり、何らかの理由で返済の心配要素があると、借入限度額は下がります。

 

サラリーマンや収入が安定している人だったとしても、初めから100万円借りられることは稀なケースで、きちんと返済できる人だと判断されるには、キャッシングの利用・返済実績があるといいです。ですから、はじめてさんには利用履歴が一切ないので、信用するに足る情報がないため、限度額が低く抑えられます。

 

【300万円以上借りるなら】

 

大きな金額を借りようと思ったら、少しでも金利の低いところを利用できないと、利息が大きくなり返済が大変です。

 

300万円や500万円といった金額は、消費者金融なら借入可能額の上限ですから、金利が5%弱ぐらいに低くなります。金利の差は0.1%など数字は小さくても、何百万円に掛ければ利息は大きくなります。大口融資の場合は、なるべく銀行から借りられると良いでしょう。

 

ちなみに50万円を超える借入には、申し込みに本人確認書類の他に収入証明書が必要となります。

 

【総量規制について】

 

消費者金融(貸金業者)から借りられる金額は、貸金業法によって、総合計で年収の1/3までに制限されています。借金が重なり、多重債務者となることを防ごうとするルールです。

 

複数の業者から借りても、総合計が年収の1/3を超えた借入はできないことになっています。

 

 

 

*概要
大手消費者金融の借入可能額は500万か300万円ですが、最初から上限まで貸してもらえるわけではなく初めての人だと50万円以下が多いです。返済に不安要素があれば限度額は下がります。複数社で借りても総合計が年収の1/3を超えては借りれません。300万円以上借りるなら低金利の銀行で借りたいものです。

 

http://www.kinutasika.jp/